オンラインレッスン指導で気づいたこと

更新日:2021年5月17日

s-lessonでオンラインレッスンを始めて一年が過ぎました。


長い指導経験を、

オンラインレッスンを通して、どう活かしていけるか、

最初は手探りの日々でしたが、


オンラインレッスンならではの効果を確信しながらレッスンを進めています。


ただ、オンラインレッスンは、

インターネットを通してのレッスンなので、

子どもたちの書いた文字を直接その場で、赤ペンでチェックをしたり、


頑張った生徒には、肩をそっと叩いてあげたり、

頭を撫でてあげたり、

そういったスキンシップができないのと、


やはり、グループレッスンのように、

クラスメイト同士で、切磋琢磨できない点は、

学習の定着を考えた時に、まだまだ課題のあるシステムです。


しかしながら、


グループレッスンでは、気づけなかった子供たちの良い点を、

大きなスクリーン画面を通して確認ができ、

一段と子供たちに達成感を感じてもらえていると思っています。


例えば、絵本よみの時に、子供たちの目線がどの文字を追っているか、


発音指導の時に、唇や舌がどのように動いているか、


そういった細かな点も注視して指導ができており、


そういった点も、保護者の方にご説明できることも、


それぞれの子供たちの英語の基礎作りになっているように感じています。


私のオンラインレッスンでは、英語絵本をビデオ教材用に作成して、

レッスンに取り入れています。


子供の言語習得は、たくさんの人との関わりや、

社会のさまざまな体験と一緒に身につけていきます。

そのため、オンライン環境では、絵本の活用は大変有効的だと感じています。


テキストを使ってのレッスンがまだ不慣れな小さな子供達に、

闇雲にレッスンをするだけでは、

何が身についたか、保護者には見えにくいので、

週に2回以上レッスンを希望される方には、

保護者の方々のご要望をお聞きして、

半年間のレッスンのテーマとねらい、

そして身につけさせるゴールを定めて指導をしています。


テキストが活用できる就学児の子供達には、


その子供達の英語力を診断し、

必要な英語力を補い、新しい英語の力を身につける指導をしています。


海外在住の子供達や中高生には、

カナダで修了したIELTS (TOEFL, TOEICの元となるイギリス型英語テスト)

のための文法、ライティング、スピーキングの指導をしています。


IELTSとTOEFL, TOEICの違いは下記をご参考ください。

https://www.ielts-prep.jp/about/toeic.html


指導をする上で、

保護者の皆様とのコミュニケーションも大切にしています。


保護者の皆様に、私の指導ポリシーをご理解いただいて、

一緒に足並みを揃えて、お子さまの成長を見守ることも、

とても大切だと思っています。


子育て経験者として、英語指導だけでなく、

若いママたちの子育てサポートにも、協力できればと思っています。




閲覧数:39回0件のコメント