top of page

Open Class Dayに向けて

更新日:2021年5月17日

3月29日に、2回目のオープンクラスデイ(発表会)を開催します。


5年前のトロント留学時に、日本の若い学生たちの様子を見て、


日本人の自発性や発信力の無さ、コミュニケーション力の無さに愕然としました。


私は若い頃の留学体験で、すれ違ったクラスメイトに明るく挨拶をすることを知りました。


それは、日本に帰国しても、今でも実践をしています。


でも、インターナショナルカリッジの日本人学生たちは、


どの学生も、携帯電話をいじってばかりで、


他国の学生が入ってきても、顔を上げることなく、挨拶もしない。。。。





せっかく、海外にまで来て英語力を上げるつもりかもしれないけれど、


これでは、本当に生の英語に触れて、英語力を上げるつもりなのか、


甚だ疑問に感じましたし、


また、私の二人の子供を育て、


息子は、語学学校と州立大学修了で六年間、留学生活をしていたので、


親の負担などを思うと、本当にやるせない気持ちになりました。



日本人学生が、なぜコミュニケーションができないかというと、


1 間違いが怖い

2 最初の会話のとっかかりがわからない

3 他の日本人学生に英語力を知らせたくない


海外で生活するのは、精神的にも負担がかかるので、


自分の衣食住環境を整えながら、異文化の土地で、一人で頑張ることは、


それはそれは、勇気もいるし、孤独だし、とてもストレスがかかります。



私は、やはり子供の頃から、日本にいる環境の中で、


間違っても「間違っちゃった〜!」と笑えるマインド


最初に会話をする時のタイミングとその慣用句的な表現


自分のことを伝えたいと思う発信力


それを培うことが、その後の英語のコミュニケーション能力につながると感じています。


Open Class Dayに向けて、今、準備を進めレッスンをしていますが、


常に、上記の想いを念頭に入れて、


子供達が、型にはまらず、自分たちの持ってる力を


自信を持って発揮できる発表会になるように心がけています。


#英語 #発表会 #発信力





閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示
記事: Blog2_Post
bottom of page